海苔の不作が記録的 値上げ見込まれおにぎりピンチ[2019/03/26 18:45]

 食卓に欠かせない海苔(のり)が記録的な不作です。価格が上昇する可能性もあります。

 全国漁業組合連合会によりますと、生産量を反映するとされる20センチ四方の海苔の今年度の販売枚数は約48億枚と前の年より15%減少し、41年ぶりの低い水準になる見通しです。エルニーニョ現象の影響で日本近海の水温が高い状態が続いたことで、海苔が十分に育たなかったことなどが原因です。こうしたことから過去10年で最も高い値段で取引されていて、今後は価格が上昇する可能性があります。