アマゾン全ポイント還元撤回 公取委の調査が影響か[2019/04/11 11:55]

 ネット通販大手のアマゾンジャパンは、来月から実施予定だった新たなポイント還元サービスを撤回することを明らかにしました。

 このサービスはアマゾンのサイト内にあるすべての商品について購入者に1%以上のポイントを還元するもので、来月からの実施を予定していました。しかし、ポイントを還元する費用は出品業者に負担させる仕組みで、公正取引委員会が独占禁止法が禁じる「優越的地位の乱用」にあたる可能性を指摘し、ネット通販業界などの一斉調査に乗り出していました。アマゾンは撤回の理由を明かしていませんが、調査を重く見たとみられます。アマゾンなどの巨大IT企業を巡っては取引先への支配力が強まっていることなどから、公正取引委員会が監視を強化しています。