日産統合問題「政府間の意見交換あり得る」世耕大臣[2019/04/15 19:11]

 去年春、日産とルノーの経営統合に日本政府が強く反対したとのフランスメディアの報道に対し、世耕弘成経済産業大臣は政府間の意見交換はあり得るとの見解を示しました。

 世耕弘成経産大臣:「一般論として、フランス政府との間で両国の懸案について意見交換や情報共有を行うことは当然、あり得る」
 フランスの新聞「ジュルナル・デュ・ディマンシュ」は去年春の関係者のメールのやり取りをもとに、日本の経済産業省がフランス政府に対して統合に反対する意向を伝えたと報じています。これについて世耕経産大臣は「民間企業の内部のやり取りについてコメントは控える」としながらも、「政府間で懸案について意見交換や情報共有をすることは当然、あり得る」との見解を示しました。一方で、当事者間の議論を重視する考えは変わらないと強調しました。