OECD「消費税は最大26%引き上げ」 麻生大臣は…[2019/04/16 11:51]

 OECD(経済協力開発機構)が日本の消費税を最大26%まで引き上げる必要があると指摘しています。麻生財務大臣は、さらなる引き上げは「その時の情勢による」と述べました。

 麻生財務大臣:「(Q.(消費税)10%より先は将来的に必要か?)どうでしょうね。その時の経済情勢によりますね、それは」
 OECDは15日、日本の財政健全化のためには消費税を20%から26%に引き上げる必要があると試算した報告書を公表しました。政府は10月に消費税を10%に引き上げ、歳出も抑えることで2025年度の基礎的財政収支を黒字化させる計画です。麻生大臣は「それから先の話までコメントする段階ではない」としています。

こんな記事も読まれています