終身雇用はルールに非ず…財界トップ、変革求める[2019/04/22 23:32]

 経団連の中西宏明会長は「終身雇用はルールではない」などと述べ、日本型の雇用形態を変えていく可能性を示唆しました。

 経団連・中西宏明会長:「終身雇用うんぬんっていうことは元々、ルールであったわけじゃなくて、企業から見ると『あなたを一生、雇用を続けます』という保証書を持っているわけじゃない」
 経団連は22日、新卒の学生を春に一括採用する日本型の「就活ルール」を見直し、通年採用を拡大する提言をまとめました。その後、日本型雇用の象徴ともいわれる終身雇用について尋ねられた中西会長は「産業が新陳代謝していくなかで、社会の仕組みが変わらなきゃいけない時代に来た」と述べました。中西会長は、先週も「経済界は終身雇用なんてもう守れないと思っている」などと発言しています。