「消費増税は予定通り」 GDPは2期連続でプラス成長[2019/05/20 10:30]

 内閣府が20日朝に発表した1月から3月期の実質GDP(国内総生産)成長率はプラス2.1%となりました。茂木経済再生担当大臣は、消費税は予定通り引き上げるとしています。

 1月から3月期の実質GDPは年率でプラス2.1%で、2期連続のプラス成長となりました。政府の公共投資が前の期に比べて1.5%と大幅に増え、住宅の売れ行きが好調だったことも主な要因です。一方、個人消費は冬物衣料が売れず、食品の値上げが相次いだことなどからマイナス0.1%となりました。企業の設備投資や輸出もアメリカと中国の貿易摩擦の先行きが見えず、いずれも減少しています。
 茂木経済再生担当大臣:「内需の増加傾向は崩れていないと考えている」「(Q.消費増税は?)10月に現行の8%から10%に引き上げる予定。この考え方は一貫して変わっていない」

こんな記事も読まれています