6月も食品の値上げ続々 物流、原材料高騰止まらず[2019/05/31 11:50]

 あすから6月、即席麺や油、ポテトチップスなど身近な食品が値上げされます。

 日清食品、東洋水産、ハウス食品などの即席麺メーカー各社は、1日納品分または出荷分から即席の袋麺やカップ麺を3%から13%値上げします。また、フジッコは昆布や豆製品、湖池屋とカルビーはポテトチップス、ハーゲンダッツジャパンはアイスクリームを値上げします。さらに、今月に続いて大型ペットボトル容器の飲料や食用油の値段も上がります。各社は値上げの理由を「物流費や原材料費の高騰が続いているため」としていて、「自助努力では吸収することができない」と説明しています。このほか、映画鑑賞料金や国際線の燃油サーチャージなども値上がりします。