日産・西川社長 報酬を大幅減へ 不正や業績悪化で[2019/06/01 17:47]

 日産自動車はカルロス・ゴーン前会長の事件や業績の悪化を受け、2017年度は5億円だった西川広人社長の役員報酬を大幅に減額すると発表しました。

 西川社長の役員報酬は2017年度が約5億円、昨年度分は公表されていませんが、一部が自主返納されています。日産は、今年度分はそこからさらに半分に減らすと発表しました。ゴーン被告の不正を見抜けなかったことや純利益が前の年から57%マイナスになるなど業績の急激な悪化が理由です。日産は25日に株主総会を控えていて、西川社長の続投について承認を得るため、批判をかわす狙いもありそうです。

こんな記事も読まれています