夏休み予算 過去最低に 老後不安や消費増税控え[2019/07/19 12:07]

 今年の夏休みに使う予定のお金が老後資金への不安や10月に控えた消費増税の影響などから、過去最低になりました。

 明治安田生命が20代から50代の1120人に聞いたところ、夏休み予算の平均額は1世帯あたり6万8071円で、去年より1万6000円近く少なくなりました。調査を始めた2006年以来、過去最低です。理由の1位と2位は「今後の出費予定に備えるため」「預貯金に回すため」で、将来への不安感があるということです。3位は「消費増税が控えているため」でした。改元に伴う10連休でお金を使ったため、夏休みは控えるという声もありました。

こんな記事も読まれています