温室効果ガス「実質ゼロ」 日本初上陸のLNG[2019/07/20 11:20]

 温室効果ガスの排出量が「実質ゼロ」の液化天然ガスが初めて日本に上陸しました。

 液化天然ガスは発電所の燃料などに使われますが、今回、輸入されたのは約7万トンで採掘から燃やすまでに排出される二酸化炭素は26万トンに及びます。輸入した東京ガスは「輸出元の会社が木を植えるなどして二酸化炭素を減らす分と相殺し、排出量は『実質ゼロ』」としています。これは「カーボンオフセット」と呼ばれる仕組みで温暖化対策が急がれるなか広がりを見せそうです。