生産性↑には「多様性と柔軟な働き方」必要 政府[2019/07/23 17:17]

 政府は、いわゆる「経済財政白書」を公表し、企業が生産性を高めるには働く人の多様性を高めて柔軟な働き方を取り入れる必要があると強調しました。

 白書では女性、高齢者や外国人など人材が多様な企業とそうでない企業で生産性を比較すると多様性が高い企業の方が年で1.3ポイント生産性が高い結果となりました。そのうえで、さらに柔軟な働き方を取り入れている企業は、年で2.1から2.4ポイント生産性が高いということです。報告では、日本的雇用が続く企業では多様性が低下するとして新卒の一括採用などを見直す必要性を指摘しています。一方で、人材が多様化していても働き方を柔軟にするなどの取り組みがない場合は生産性が低下すると分析し、企業への働き方改革も求めました。