日産、1万人の人員削減へ 5月の計画から上積み[2019/07/24 10:38]

 日産自動車が1万人規模の人員削減を検討していることが分かりました。低迷する業績を回復させるため、これまでの計画から倍増します。

 日産自動車・西川廣人社長:「(Q.生産削減の見直し、人員削減1万人以上か?)今、色々、検討していますけども、お話しできるタイミングになったらしますので」
 日産は業績を立て直すために世界で4800人の人員削減を5月に発表しましたが、さらに上積みして1万人規模の削減を検討しています。カルロス・ゴーン前会長が進めた路線で拡大した日産ですが、2018年度は純利益が前年度の半分以下になっていました。日産がリストラを急ぐ背景には筆頭株主のルノーと主導権を巡って緊張関係が続いているためで、いち早く収益を改善させて発言力を高める狙いもあるとみられます。

こんな記事も読まれています