高齢の親の財産 50代後半の6割近くが把握せず[2019/08/12 12:16]

 親の財産管理に関する調査で、50代後半の6割近くが高齢の親の預貯金を把握していないことが分かりました。

 この調査は、明治安田総合研究所が全国の55歳から69歳の男女1830人に対してインターネットで行いました。高齢の親の預貯金を把握している人は50代後半では男性が37.6%、女性が40.1%にとどまっています。60代後半では男性が63.7%、女性が50.5%と増加し、年齢を重ねると男性の方が親の財産を把握する傾向が強いということです。また、親の保険の加入状況については50代後半では男女ともに約3割の人しか把握していないことも分かりました。

こんな記事も読まれています