外食チェーン、値下げ続々 消費増税で客離れ懸念[2019/08/28 12:09]

 10月の消費税率引き上げで客足が遠のくことを懸念する外食チェーンでは、増税の前に一部のメニューを値下げするなどの動きが広がっています。

 長崎ちゃんぽん専門店「リンガーハット」は今月から370円のランチセットを投入したほか、主力のちゃんぽんと餃子のセットも10円値下げしてランチタイムには690円で提供します。また、ラーメンチェーン「幸楽苑」も4月から500円の「餃子定食」を展開していて、ほかにもラーメンの一部を値下げするなど価格改定を進めています。増税の前から消費者の節約志向に応え、“お得感”のある価格を打ち出して増税後の客離れを防ぎたい考えです。