アマゾンが駅やコンビニに専用ロッカー 負担軽減策[2019/09/18 12:19]

 ネット通販大手「アマゾンジャパン」が商品を受け取るための専用の「宅配ロッカー」をコンビニや駅に設置すると発表しました。再配達を減らし、人手不足の問題の軽減を目指します。

 アマゾンジャパン、ジェフ・ハヤシダ社長:「再配達を軽減し、お客様の利便性をさらに向上させ、ドライバーの皆様への大きな支援になる」
 アマゾンはファミリーマートや小田急電鉄とともに、コンビニや駅に宅配ロッカー「AmazonHubロッカー」を設置します。ロッカーは店員を通さずに、利用者だけでアマゾンから送られたメールのバーコードをかざして荷物を取り出します。年内に首都圏のファミリーマートなど約100カ所に設置します。セルフサービスで再配達を減らし、人手不足に悩むコンビニや運送会社の負担軽減を狙います。