日米貿易協定“署名見送り”…大枠合意のはずが[2019/09/23 19:08]

 日米首脳会談に貿易協定の正式文書が間に合わないことが分かりました。

 日本とアメリカの新しい貿易協定は牛肉などアメリカ産の農産品の関税をTPP(環太平洋経済連携協定)並みに下げる一方、日本の工業品の関税も引き下げることで先月に大枠合意しています。安倍総理大臣とトランプ大統領は25日に行われる首脳会談で正式な文書に署名することを目指していましたが、法的な審査が遅れているため見送る方針です。日本の交渉関係者は、アメリカ側が繰り返し文言の修正を求めたことで遅れが生じたとしています。