ビールの原料で認知症対策 物忘れ、記憶力に…[2019/10/31 19:19]

 ビールの原料のホップを使って認知症対策に挑みます。

 ビール大手のキリンは新会社を立ち上げ、ビールの原料のホップの成分を使った食品やサプリメントなどの販売を始めると発表しました。キリンでは、ホップの健康効果に着目した研究開発を進めていますが、クラフトビールの缶、約1本分に含まれるホップの成分をカプセルにして飲み続けた人たちで記憶力が良くなったり、物忘れが減るなど認知機能に良い影響が出たということです。キリンは「ビールだけでないホップの価値を広く伝えたい」としています。