「電気料金が安くなる」 期間伝えず業務停止命令[2019/12/06 18:57]

 電気料金が安くなるのはキャンペーン期間だけでした。

 東京・中央区のファミリーエナジー合同会社は「電気料金が安くなる」などとうたって、訪問販売や電話などで繰り返し勧誘していました。しかし、実際に料金が安くなるのはキャンペーン期間中の3カ月だけで、期間を過ぎると電気料金の市場価格に応じて変動することを説明していませんでした。消費者庁は特定商取引法に違反するとして、ファミリーエナジーに対して3カ月の業務停止命令を出しました。全国の消費生活センターに寄せられた相談は1年間で647件に上ります。

こんな記事も読まれています