消費増税後も「個人消費衰えてない」日銀・黒田総裁[2020/01/21 19:31]

 消費増税の後も個人消費は衰えていないとの見方を示しました。

 日本銀行・黒田東彦総裁:「全体としてみると、消費の減少は一時的なもので個人消費の増加基調は維持されている」
 日銀の黒田総裁は21日の記者会見で「個人消費は堅調」として、昨年の消費増税によって個人消費は衰えていないとの考えを示しました。ただ、日銀が21日に公表した物価上昇率の見通しでは来年度の上昇率は1%にとどまっていて、日銀が景気の好循環のための目標とする「2%」には届かないとみています。

こんな記事も読まれています