「スマホを買いやすく」KDDIが5G新料金プランを発表[2020/02/18 09:59]

 KDDIは春から始まる5Gに対応したスマートフォンの販売に向けて、携帯通信業界で初めて新たな料金プランを発表しました。

 KDDIが発表した「かえトクプログラム」は24回払いを条件に購入したスマホの2年後の買い取り価格を「残価」として設定し、本体価格から実質最大で4割引きします。残価は機種ごとに設定され、春に販売される5G対応のスマホも対象となる予定です。28日から販売される17万9000円の高級スマホは残価が5万9760円と設定されているため、実質11万9600円で購入できます。この料金プランについて、KDDIは「スマホを買いやすくするために設定した」としています。ソフトバンクも5Gの料金プランを検討しています。

こんな記事も読まれています