感染の有無“1時間”で検出 新検査機器を緊急輸入[2020/03/09 12:09]

 新型コロナウイルス検査の保険適用が始まって検査の増加が見込まれるなか、1時間ほどで判定できる新たな機器が緊急輸入されました。

 この機器は新型コロナウイルスをはじめ、インフルエンザなど21種類のウイルスに対して感染の有無を検出できるということです。これまでPCR検査では判定に6時間ほどかかることがありましたが、この機器では病院などで患者の検体を採取してすぐに検査ができ、1時間ほどで結果が出ます。すでに、欧米や中国などで認可の手続きが進んでいて、輸入したドイツの試薬大手「キアゲン」は日本でも手続きを急ぐ方針です。

こんな記事も読まれています