2時間早くPCR検査結果が判明 富士フイルムが発売へ[2020/04/15 17:21]

 これまでより約2時間早く検査ができます。

 PCR検査は患者の鼻や喉の粘膜から新型コロナウイルスの遺伝子を取り出し、装置にかけて増やしてから感染を判断するため、検査に4時間から6時間かかっていました。富士フイルムが15日に発売する検査キットは独自の技術で遺伝子を増やす時間を早めたため、これまでよりも約2時間早く感染を判断できるということです。医療機器メーカーではPCR検査に使う試薬などキットの開発を進めていて、検査時間の短縮などが期待されます。

こんな記事も読まれています