未配布の“アベノマスク”回収へ 納入企業が発表[2020/04/24 10:53]

 政府が配布を始めた布マスクの一部から不良品が見つかった問題で、マスクを納入している伊藤忠商事と興和はまだ配布していないマスクをすべて回収すると発表しました。

 深刻なマスク不足に対応するため、政府が配布を始めた布マスクの一部に「虫が入っていた」などの報告が相次いでいます。これを受け、マスクを納入している大手商社「伊藤忠商事」と大手医薬品メーカー「興和」はまだ配布していないマスクをすべて回収すると発表しました。両社のマスクは海外の工場で生産されたもので、伊藤忠は今後、現地の縫製工場での検品に加え、輸入前に外部の業者による検品を行い、さらに日本国内でもすべてのマスクを検品する方針です。興和も現地での検品に加え、国内ですべてのマスクを検品することにしています。

こんな記事も読まれています