対新型コロナ国産ワクチン 年内の臨床開始へ準備[2020/04/27 18:51]

 国産ワクチンの開発に向け、年内の臨床試験を目指します。

 新型コロナウイルスに対する予防ワクチンについて、製薬大手の塩野義製薬はグループ会社であるUMNファーマと国立感染症研究所で共同開発を行うと発表しました。現在、抗原の作製を進めていて、年内の臨床試験開始に向けて準備を進めているということです。将来的には1000万人分規模の提供が可能な体制を目指します。国産ワクチンを巡っては、タカラバイオも大阪大学などと共同開発を進めていて、実用化が期待されています。

こんな記事も読まれています