家電量販店大手ノジマ 80歳まで働ける制度を導入[2020/07/28 12:17]

 家電量販店大手のノジマは全社員を対象に80歳まで働くことができる制度を導入しました。

 今月から始まった制度では、定年の65歳での従業員の健康状態や能力などを踏まえて再雇用契約を結び、臨時従業員として1年ごとに80歳まで延長できるとしています。
 ノジマ情報部門テクニカル担当・玉井昇さん(71):「可能であれば80まで(働きたい)。専門的にやってきたので、その辺は若い人には負けない」
 ノジマでは「70歳までの就業機会確保を努力義務」とする法律が来年4月に施行されるのに先立って制度を導入したということです。少子高齢化が進むなか、高齢者が働ける環境の整備が求められていますが、ノジマは「シニアの豊富な経験や能力を活用して社会貢献を目指す」としています。

こんな記事も読まれています