水やりタイミングをアプリで AIが家庭菜園サポート[2020/08/10 12:24]

 新型コロナウイルスの影響で自宅で過ごす時間が増えて家庭菜園に人気が集まるなか、水やりや間引きのタイミングなどをアプリで教えてくれるサービスが始まりました。

 都内のベンチャー企業が開発したのは、家庭菜園での野菜づくりをサポートするシステムです。センサーで日当たりや気温、湿度などを検知して、集まったデータと位置情報などからAI(人工知能)が収穫までの日数を予測し、水やりや間引きのタイミングなど約40項目をアプリで確認できます。センサーには広角カメラが付いていて、写真とデータを連動することで160種類の野菜の栽培方法についてアドバイスを受けられるということです。開発した会社は「家庭菜園がコミュニケーションの核になってほしい」としています。

こんな記事も読まれています