「サービィ」に広瀬すず感激 障害物避け客席に配膳[2020/09/28 19:21]

 ロボットが障害物を避けて料理を運んできます。

 サービィ:「お待たせしました!」
 広瀬すずさん(22):「ありがとうございます。すごーい!」
 ソフトバンクロボティクスが開発した接客ロボ「サービィ」はセンサーで客席の位置を読み込んで地図のデータを作成すると、指定したテーブルに障害物をよけながら料理を運びます。幅60センチの通路でもスムーズに通ることができます。お盆が3段になっていて、一度に多くの皿を運ぶことができ、配膳や片付けなどで大幅に業務を効率化できるとしています。従業員の負担軽減や人と人との接触の削減に貢献できるいうことで、飲食店などでの活用が期待できるということです。

こんな記事も読まれています