誰でも安く大量に コロナ禍で“訳アリ商品”に人気[2020/09/28 18:27]

 新型コロナウイルスによる意外な影響です。「ちょっと箱に穴が開いてしまった」など、いわゆる「訳あり品」を「あえて」買い求める人が急増しています。

 カップ麺やお菓子、はたまた、化粧水まで。山積みにされた食品や日用品はすべて誰でも「安く」「大量に」購入することができます。その安さの秘密は…。
 倉庫にある商品は、いわゆる「訳あり品」。本来なら処分対象になるそうですが、東京ガスが社会貢献事業の一環として立ち上げた通販サイトで大量に購入することができます。売り上げは前年の4倍近くに。会員数に至っては6倍以上と勢いが止まりません。
 新型コロナウイルスの影響による意外な需要の増加。それは、苦戦が伝えられてきた飲食業の分野でも起きていました。客足の減少に耐え切れずに今月、閉店した居酒屋。28日、業務用の冷蔵庫や棚などが次々と運び出されました。引き取れた器具はリサイクル品として再び売り出されます。実は今、こうした中古の厨房器具を買い求める人が増え始めているといいます。
 東京・渋谷でタコスのお店を営んでいる女性もその一人。
 メキシカンレストランのオーナー:「新しい店舗を開くので冷蔵庫が引き出しになっているものが欲しくて」
 ただ、飲食業界を取り巻く環境はいまだに厳しいまま。それなのになぜ、新たな設備を増やそうとしているのでしょうか。
 メキシカンレストランのオーナー:「今あるお店は現状維持をしなければいけない。コロナを配慮したお店をつくらなければいけなくて、内装とか通気性が良くなるようなつくりにしたり、コロナなので家賃とかも今すごく下がっている。(今は)コロナだから大変な部分もあるけれども、今頑張ったらもしかしたら将来は良いことがあるかもしれない。私はそれに賭けている」

こんな記事も読まれています