配送ロボットが“公道デビュー” 国内初の実証実験[2020/10/07 19:14]

 国内初の実証実験。配送ロボットが公道デビューです。

 日本郵便は都内の病院から郵便局の間、約700メートルの距離を配送ロボットを使って荷物を届ける実証実験を行いました。配送ロボットは事前に設定されたルートで横断歩道を渡ったり、歩行者などにぶつからないよう判断しながら目的地を目指しました。こうした配送ロボットが公道を走る実証実験は国内で初めてだということです。法律や技術面での課題が残っていますが、日本郵便は3年以内の実用化を目指したい考えです。

こんな記事も読まれています