コロナ禍で新しく始めたこと「不要品の処分」が最多[2020/10/17 12:11]

 新型コロナウイルスの感染拡大をきっかけに新しく始めたことをアンケート調査したところ、「不要品の処分」と答えた人が最も多くなりました。

 日本生命のアンケート調査で「コロナ禍をきっかけに新しく始めたことまたは量や頻度が増えたものがある」と答えた人は52.5%でした。そのうち最も多かったのは不要品の処分で31%、次が「オンラインショッピング」でした。不要品の処分は年齢が高いほど多く、オンラインショッピングは年齢が低いほど多い傾向です。また、「貯蓄」と答えた人が6.7%いて、理由は「使い道がなかった」が最も多くなりました。

こんな記事も読まれています