「5G」警備ロボ登場“ほぼリアル”遠隔操作に検温も[2020/11/05 23:42]

 検温もしてくれる新型コロナウイルス対策の警備ロボットが登場です。

 NTTドコモなどが開発した警備ロボットは高速通信「5G」に対応していて、ほぼリアルタイムで遠隔操作できるほか、音声通話も可能です。手や腕が備えられていて、エレベーターのボタンを押せるため広範囲の移動もできます。企業の受付などでの導入を想定していて、5日から提供を始めました。5Gのサービスは基地局が建設されているエリアに限られていて、携帯各社は拡大を急いでいます。

こんな記事も読まれています