海外のファンド誘致へ 相談や手続きすべて英語対応[2020/11/06 15:35]

 財務省と金融庁は海外の資産運用会社を日本に誘致するため、登録手続きなどをすべて英語で対応するサポートオフィスを来年1月に設置します。

 麻生財務大臣:「アジアの中での金融のマーケットが香港に主に集中した部分を日本に持ってこれるように努力をする。日本経済全体にとっては大きな意義がある」
 財務省と金融庁が来年1月に設置するサポートオフィスは、海外の資産運用会社などが日本でビジネスを行うために必要な手続きの相談や審査などをすべて英語で対応します。麻生大臣は英語で対応するサポートオフィスにより、「海外の事業者の利便性向上を図り、登録手続きを迅速化したい」と述べました。菅総理大臣は所信表明演説で世界の国際金融センターを目指すとしていて、海外のファンドなどを日本に誘致し、金融機能の強化を図る方針です。

こんな記事も読まれています