「勝負の3週間」終わり…都心や大阪で夜の人出増加[2020/12/20 12:02]

 新型コロナウイルス対策の「勝負の3週間」が終わっても感染拡大に歯止めが掛からないなか、東京都心の19日夜の人出は多い所で1週間前より約2割増加していました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、午後10時の人出は1週間前と比べて銀座駅周辺で20.1%、渋谷センター街で15.3%、歌舞伎町で4.8%増えていました。東京都内では飲食店への営業時間の短縮要請が延長され、イルミネーションも点灯時間を短くするなどの対策が取られていて、表参道駅周辺の人出は1週間前より25.6%、六本木では11.2%減少していました。一方、大阪の人出は梅田駅周辺で19.7%、なんばで6.6%増加していました。

こんな記事も読まれています