餅をのどに詰まらせないで…事故の4割が1月に集中[2020/12/23 17:31]

 餅を喉に詰まらせないよう注意喚起です。

 厚生労働省の調査によりますと、食べ物が原因の窒息による65歳以上の死亡者数は年間3500人以上に及んでいます。そのうち、餅やお雑煮などを喉に詰まらせた死亡者は去年は298人、おととしは363人と多数を占めていて、4割程度の事故が1月に集中しています。消費者庁は今月23日、「食べやすい大きさに小さく切る、すでに切り分けた状態で販売されている商品を利用する、急いで食べたり飲み込んだりしない」と注意を呼び掛けました。

こんな記事も読まれています