元日の初詣の人出 主な神社で去年より6割以上減少[2021/01/02 16:17]

 政府が初詣の分散を呼び掛けるなか、元日の全国の主な神社の人出は去年に比べて大幅に減少しました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、1日午後1時の人出は去年の1月1日の同じ時間に比べて、東京・明治神宮で78.2%、浅草寺で62.1%減少しました。また、大阪の住吉大社では67.7%、京都の伏見稲荷大社では73.1%、福岡の太宰府天満宮では81.1%減少していました。政府は、新型コロナウイルスの感染拡大を防ぐため初詣の分散を呼び掛けていて、今回、調査の対象となった全国10カ所すべてで約6割以上の大幅な減少となりました。

こんな記事も読まれています