コンビニおにぎり進化 消費期限2倍にロス削減へ[2021/01/05 20:13]

 コンビニおにぎりの消費期限が2倍に伸びるということです。

 セブン−イレブン・ジャパンは、これまで店頭でのおにぎりの消費期限を約18時間に設定していましたが、これを1日半から2日程度に延ばす方針です。

 保存料は使わず、製造方法の見直しや配送する時の温度を一定に保つことなどで鮮度を維持する方法を検討しています。

 消費期限を延ばすことによって廃棄量は半分程度減る見通しで、大幅な食品ロスの削減につながるとしています。

 今年3月以降に順次、消費期限の長い商品に切り替える方針です。

こんな記事も読まれています