緊急事態の効果は?都内で人出が前回比2倍以上も[2021/01/23 12:06]

 首都圏への緊急事態宣言から2週間となった週末、22日夜の都内の繁華街の人出が去年春の緊急事態宣言の場合に比べて多い所で2倍以上もあったことが分かりました。1週間前と比べてもわずかに増えています。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、午後8時の人出は去年春の緊急事態宣言の場合に比べて東京・品川駅周辺で1.6倍、渋谷駅周辺で1.9倍、新宿駅では2.4倍でした。

 1週間前の同じ時間に比べると新宿駅周辺では4%、渋谷駅周辺では15%ほど増えていました。

 一方、緊急事態宣言から1週間となった福岡の博多駅周辺では、宣言前に比べて人出が半減しました。

 宣言が出された直後の先週に比べると1割ほどの減少となっています。

こんな記事も読まれています