大林組がアワビ養殖に成功 水辺工事の技術を活用[2021/01/26 18:49]

 ゼネコン大手の「大林組」がアワビの養殖に成功です。

 大林組は水槽で人工の海水をろ過してアワビを養殖する技術を開発しました。

 水辺の工事に用いる環境保全の技術を活用してより効果的に魚のふんや餌(えさ)の残りなどを分解除去し、アワビが生育しやすい水質を確保できるということです。

 実験では直径3.5センチの稚貝を1年間で7センチほどに育てることに成功しました。

 国内のアワビの漁獲量はこの10年で半減して輸入が増えていることから、大林組は事業化を目指しています。

こんな記事も読まれています