ワクチンの国内輸送 ヤマトなど3社を選定[2021/02/08 10:37]

 新型コロナウイルスワクチンの国内での輸送を担当する業者に、ヤマトホールディングスなど大手3社が選ばれたことが分かりました。

 政府はアメリカの製薬大手のファイザー社製のワクチンについて、今月中旬から医療従事者約1万人を対象に先行接種する予定です。

 このワクチンはマイナス75度前後で輸送・保管する必要があります。

 政府は日本国内での輸送について、ヤマトホールディングスと西濃運輸を抱えるセイノーホールディングス、それにドイツの国際物流大手のDHLの3社を選んだことが分かりました。

 ワクチンは14日にもベルギーから日本に到着する見通しです。

(C) CABLE NEWS NETWORK 2021

こんな記事も読まれています