新型コロナ分科会「宣言解除後も宴会は控えて」[2021/02/10 06:12]

 政府の新型コロナウイルス対策分科会は今後、緊急事態宣言が解除された後も歓送迎会やお花見に伴う宴会などをなるべく控えるよう呼び掛けました。

 新型コロナ分科会・尾身茂会長:「謝恩会とか卒業旅行とか歓送迎会、あるいは暖かくなるとお花見に伴う宴会など、ぜひ控えて頂きたいと思う」

 分科会の尾身会長は去年12月には忘年会などに伴う飲食の場を中心に感染が広がったとして、今後、緊急事態宣言が解除されたとしても感染が再び広がるのを防ぐため、お花見などの宴会を控える必要があると指摘しました。

 また、宣言の解除については新規陽性者の減少だけでなく、医療機関の病床の逼迫(ひっぱく)や保健所の負荷など、総合的に判断する必要があるとの考えを示しました。

こんな記事も読まれています