きのうの人出、日曜より増加 緊急事態の対象地域で[2021/02/24 11:47]

 天皇誕生日で祝日だった23日、緊急事態宣言の対象となっている地域では人出が21日の日曜日よりもさらに増えたことが分かりました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、23日午後3時時点の各地の人出は21日の日曜日と比べて東京・品川で20%、銀座で12%、横浜で3%増えるなど、暖かな陽気で人出が増えた日曜日よりさらに増加しました。

 また、今月中の緊急事態宣言の解除を政府に要請した大阪府でも大阪駅周辺で2%、愛知県栄駅周辺で5%など人出が増えていることが分かります。

 政府は緊急事態宣言の対象地域では感染をさらに抑えるために引き続き不要不急の外出自粛を求めています。

こんな記事も読まれています