人出は東京・渋谷で3割増 先行解除地域で1割増も[2021/02/27 12:28]

 大阪や愛知などでの緊急事態宣言の先行解除が決まった26日夜の人出は宣言の再発出の後と比べて多くの街で増えていて、東京・渋谷では3割以上増加していました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、午後8時の人出は先月、緊急事態宣言の対象地域が関西など11都府県に拡大した直後と比べて東京では渋谷で33.5%、新宿・歌舞伎町で21.7%増加していました。

 また、28日までで宣言が解除される地域では福岡の天神で7.4%減っていましたが、大阪のなんばや名古屋の栄では1割以上増えていました。

こんな記事も読まれています