何もない空間に端末かざすと…ARでお得情報など表示[2021/03/12 17:49]

 お台場でAR(拡張現実)を活用した実験が始まりました。

 森ビルとNTTドコモが始めた実証実験では噴水広場で端末をかざすと実際には何もない空間に店の看板やイベントの告知が表示され、動画も流れます。

 また、通路の入り口では駅までの方向や電車の時刻表も現れます。

 高速通信「5G」を使って現実世界に映像を瞬時に融合するARの技術は携帯通信会社で開発が進んでいます。

こんな記事も読まれています