テレワークの生産性“84%” 出社した場合との比較[2021/03/14 14:59]

 テレワークの生産性は出社した場合と比べて84%にとどまっていることがアンケート調査で分かりました。

 パーソル総合研究所の調査によりますと、出社した場合とテレワークの場合の生産性について主観的な評価を尋ねたところ、6割余りの人が生産性が10%から50%下がったと答えました。平均は84.1%にとどまったということです。

 周りに人がいた方が安心、意思の疎通がトップダウンになりやすくメンバーの育成に支障があるというのが主な要因です。

 一方で、テレワークでも生産性は変わらない、あるいは上がった人は3割余りいました。働く時間や服装が自由で結果重視が主な理由でした。

 業種別では電気やガス、水道、情報通信や学術研究などで多いということです。

こんな記事も読まれています