14日の人出は大幅増加 暖かさや自粛慣れが要因か[2021/03/15 11:40]

 緊急事態宣言が再び延長されて最初の日曜日だった14日の1都3県の人出は、各地で大幅に増加しました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、午後3時台の東京都心の人出は1週間前に比べて渋谷で7.7%、銀座で13%、浅草で33.6%、お台場で26.3%と大幅に増加しました。

 また、横浜で11.4%、千葉で12.6%、大宮で9.4%と東京の周辺3県でも人出が増えました。

 政府は緊急事態宣言の対象地域で不要不急の外出を自粛するように求めていますが、4月並みの暖かさや宣言の期間が長期化し、「自粛慣れ」が広がったことなどが人出の大幅な増加につながったとみられます。

こんな記事も読まれています