桜の名所で人出大幅増 “宣言”解除後初の金曜夜[2021/03/27 12:00]

 首都圏の緊急事態宣言が解除されて初めての週末、26日夜の人出は桜の名所で軒並み1週間前より大幅に増加していました。

 ソフトバンクの子会社「Agoop」によりますと、午後9時の人出は1週間前の同じ時間帯に比べて東京の千鳥ケ淵で3.7倍になったほか、墨田区立隅田公園で39.1%、上野公園で19.9%、目黒川で18.8%増えていました。

 また、名古屋の鶴舞公園では64.5%、大阪の万博記念公園で51.9%増加していました。

 東京では満開、名古屋や大阪では七分咲きになり、夜桜を楽しむ人たちが増えたものとみられます。

 政府は花見をする際は飲食や会話を控え、密にならないよう呼び掛けています。

こんな記事も読まれています