お花見スポット “去年のピークより人出増加”続出[2021/03/28 12:00]

 新型コロナウイルスの感染が再び増加傾向に転じるなか、27日のお花見スポットの人出は去年のピークを上回る地点が続出しました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午後3時台の人出は去年の花見のピークだった3月21日に比べて東京・目黒川の桜並木で39.8%、千鳥ケ淵で68.7%、大阪・万博記念公園で46.2%、京都・嵐山で6.8%など、桜の名所で大幅に増加した地点が続出しました。

 また、今月27日午後9時台の歓楽街の人出は1週間前に比べて東京・新宿区歌舞伎町で11.9%、渋谷センター街で32.5%、京都・河原町で39.5%など軒並み増加しました。

こんな記事も読まれています