首都圏の飲食店利用が大幅増 特に夜の時間帯で[2021/03/30 11:55]

 緊急事態宣言が解除されてからの1週間に飲食店を利用した人は首都圏の1都3県で大幅に増加し、特に夜の時間帯で増えたことが分かりました。

 飲食店向けの予約管理サービスを手掛ける「トレタ」によりますと、22日から28日の1週間で飲食店を利用した人の数は首都圏の1都3県で前の週から40.9%増加しました。

 時間帯別では午後5時から午後8時までで65.5%、午後8時から翌日の午前0時までが81.4%増加しました。

 緊急事態宣言の解除とともに飲食店に対する営業時間短縮要請が午後9時までに繰り下げられたことから、夜の時間帯の利用者が大幅に増加しました。

こんな記事も読まれています