世界的流れの環境ETF 日本で初めて東証に上場[2021/04/01 08:12]

 国内で初めて環境テクノロジーに力を入れる企業に投資するETF(上場投資信託)が東京証券取引所に上場しました。

 大和証券グループが東京証券取引所に上場したのは日本の上場企業のうち環境テクノロジーの開発に取り組む30社で構成する株価指数に連動したETFです。

 気候変動への対応が急がれるなか、企業の収益力だけではなく、環境や社会問題の解決などを評価する投資が世界的に広がっていて、日本市場でも機関投資家などの資金が流れ込んでいます。

 GlobalXJapan・金村昭彦社長:「指数自体は2009年からあるんです。パフォーマンスが良くなったのはここ1年弱くらい。時代が追い付いてきたのではないかと」

こんな記事も読まれています