“まん延防止”決定の東京 渋谷などで人出増加[2021/04/10 12:08]

 「まん延防止等重点措置」の東京などへの適用の拡大が発表された9日夜の人出は多くの繁華街で減少傾向が見られましたが、いわゆる「若者の街」では増加していました。

 携帯電話の位置情報のデータによりますと、午後9時の人出は1週間前の同じ時間と比べて新宿・歌舞伎町で16.8%減り、六本木が5.5%の減少など多くの繁華街で減少していました。

 ただ、渋谷センター街では17.6%、表参道では2割以上増加するなど比較的、若者が多いとされる街では夜の人出が増えていました。

 すでにまん延防止等重点措置の適用が始まっている大阪では1割から2割前後の減少が見られました。

こんな記事も読まれています